伝承


観光客も全くいない
以前の青島とは全く違う
静かな鳥居の前

波音に合わせカニが岩の隙間を歩く

橋を渡ると
急にカラスが飛んできて
灯籠に降りてきた

あれ?
何かを伝えようとしているな

ようこそきたね
という雰囲気

いつもここに止まっている痕跡がある上
何よりも
ここが好きなようなのは
ひとめでわかる

自然との均整が整っている場では動物の
霊性の高さを改めて知る

神様と動物はまだ話ができるのだろう

Back to list

ページの先頭へ戻る